カテゴリ:思うこと( 5 )

2007年 07月 22日
兄のこと(2)
相変わらず兄の行動が目に余る。病気療養といいながらパチスロ通いとか、キャンプとか、東京の友人と遊ぶとか、どれだけ現実が見えていないんだ。

最近もっとも苛立たせた行動は「免許取ったから車くれ」。呆れて物も言えないぐらいだ。確かに今の車は親戚から貰ったもので自前じゃないが、維持費などそれなりにかかっているし、簡単に手放したくない。それをさも当然の如く貰える物として振舞う態度が信じられない。

「次の車検が切れるときに買い換えるようならくれ」→「当然買い換えるんだから車検の前にくれ」→「どうせ変えるんだからすぐほしい」とか、どういう考え方をしているんだろう?特に頭に来たのが3番目。まだ何も確定していない状況で、車を当てにしたスケジュールを勝手に立てた挙句「車が必要」とか言っている。既成事実を作るとはこういうことか……。

どうせ車もっても維持費払えないんだから、車をほしがるべきじゃない。借金して無理して保有した挙句、売り飛ばす姿が目に見えるようだ。他には、傷だらけでいいといいつつ、貰ったら「傷だらけで最悪」とか言うとか。ありとあらゆるムカツク行動が思い浮かぶ。

車の免許を30目前で、しかも再チャレンジで取るなんてことさせずに、原付で我慢しておけばよかったんだ。それが分相応って奴だ。ああ、実家が憂鬱だ。両親はもっと憂鬱だろう。何とかしてやらないと。お金だけじゃ足りない気がする。お金渡しても結局兄に渡っている気がするし……。
[PR]

by alfred000 | 2007-07-22 21:39 | 思うこと | Comments(0)
2007年 03月 20日
ミクシィのこと
しばらく前にミクシィに招待されて、週1~2ぐらい日記を書いている。

やっぱり、リアルの知り合い、しかも、毎日会社で顔を合わせる人が読んでると思うと、なかなか思ったことが書けない。しかも、会ったらほぼ必ず、日記にことをネタにしてくるし。

なかなかあえない人とかは、近況報告という意味で非常に意味があると思う。毎日会うなら、毎日会うときに話せばいいではないか。日記のことを基準に話されると、日記をみていない人は置いてきぼりになる。このことに気づけば、ミクシィでかかれていることをわざわざリアルで、全員ミクシィつながりでない状況で話すことは無いと思うのだが。

全員ミクシィに引きずり込もうとしているのであれば……本人からの申請を待った方がいいかと。無理に呼び込んでもしょうがない。飲み会のノリとかならいいけど。

こういう考えをもっていることをミクシィで書くと、とたんにロクでもない返事が来そうだから書く気にならない。比較的、個人批判につながっているし。つまり、大体ミクシィネタを振るのは同じ人。

自覚するのは大事だぞ。
[PR]

by alfred000 | 2007-03-20 00:38 | 思うこと | Comments(0)
2006年 08月 13日
兄のこと
もしかしたらブログに書いたかもしれないけど、私には兄が一人いる。私が大学進学のために実家を出たのと同時期に実家を出て東京の専門学校で勉強をしたわけだが、すぐに学校を辞めてダラダラと東京に居座っている。

はっきり言って、すぐに実家に戻って普通に就職してほしい。両親の子供二人が同時にいなくなっておよそ10年、この間にいろいろな出来事があって家族の中での私と兄の位置付けもかなり変わった。両親の期待(=実家で一緒に暮らす)に答えたいのは山々なんだけれども、仕事の都合上私は無理だし(ちなみに、地元就職に失敗したせいもある)。

正社員でもない、身軽な兄がさっさと実家に戻るべきだと常々思っている。毎回「まだ東京ですることがある」「東京の友人が……」などと言い訳をしているが、ぜんぜん説得力ないし、そもそも実家に帰らない理由になっていない。少なくとも、私の「仕事の都合」よりは。

一番頭にきているのは「実家に帰る」と約束して私に無心を頼んだのに、結局戻っていないこと。しかもぜんぜん悪びれている雰囲気が無い。まぁ、悪びれるようなら無意味に東京に住み続けやしない。

もっと兄には文句を言いたいが、気が弱いのでいえないボク。ここにはさすがに書けない、かなり人として恥ずべきことを何度もやっているので、そういったことを防ぐ意味でも実家に帰るべき。両親も、あまり兄を甘やかさないでほしい。
[PR]

by alfred000 | 2006-08-13 01:20 | 思うこと | Comments(0)
2006年 05月 29日
協調性
自分にははっきり言って協調性が無いと思う。特に、仕事を進める上で自覚するようになった。

協調性と一言で言ってもいろいろな種類がある。私の仕事で重要なことは、問題を共有し、適切に分割し、結果を適切にマージすること。この、適切に分割というのがうまくできない。

今の仕事は、どう考えても自分が一番わかっている(少なくとも、部署内は)。こんな仕事を分割するには、他人にやり方を教えなければならない。これが、時間の無駄に思えてなかなかできない。長期的な視点に立てば、自分と同等レベルのメンバーを育成することはとてもとても大事なのだけれども、どうしてもできない。

昔から、ほとんどのことは一人でやってきた。人にお願いをするということは、場合によっては人を不快にするし、不快になった結果さまざまな不利益が自分に降りかかってくる。頼んだ結果、どのようになるかは予想がつかない。ならば、予想がつく自力でやってしまえ、と言う考えをもっている。

ある本であったけど、上に書いたような共同作業を楽しいと思えない人は、一人っ子だったりするらしい。兄弟がいれば、いろいろいっしょにやるだろうし、そこで共同作業のやり方を学ぶからだそうだ。

自分は1歳違いの兄弟だけれども、全然学べなかった。小学校の低学年ぐらいまでは良かったけど、3年生ぐらいからそんな考え方が染み付いた気がする。私が貧弱で(単に運動がダメなだけ)、兄貴が元気だったから、なるべく兄貴に関わらないようになったのが原因かな。小さい頃の力関係というのは、どこまでも影響するね。
[PR]

by alfred000 | 2006-05-29 23:52 | 思うこと | Comments(0)
2006年 05月 17日
「己の欲さざるところ他人に施すことなかれ」
最近どうしても他人の行動で気になることが多くて、書いてみる。

とりあえず、一番初めに言いたいのはタイトルに書いた言葉。これができたなら、どんなに世の中がうまく回ることか。

私自身は、かなりこの言葉を意識して生活しているつもりだ。だけど、回りの人でこれを気にしていないと思われる人がけっこういるんだよね。人のスペースを勝手に侵略したり(そのくせ、自分が侵略されるとすぐに文句を言う。こっそり侵略を修正しても、また侵略してくるし)、自分のペースで動いてまったく他人(というか私)に合わせてくれない人とか。

他にもいくらでも「自分がされたら嫌なこと」ってのはある。挨拶がめちゃくちゃだったり、本当に話したくないことを根掘り葉掘り聞いてくる人とか。こういった人たちは「自分達の行動は他人がどう思うか」と言うのを考えていないんじゃないかと思う。ホンの少しでも考えてみれば、ずっと住みやすい世の中になるんじゃないかな。

ただ、あまりに他人を傷つけまいとすると、本当に心の通った人間関係ってのは出来にくい気がする。世の中うまくいかないものだね。
[PR]

by alfred000 | 2006-05-17 22:47 | 思うこと | Comments(0)